www.awano-kintaro.jp


   
  水野雄仁(みずのかつひと)
1965年9月3日生まれ おとめ座 O型
身長:179cm
体重: 78kg 
趣味:ゴルフ 読書 旅行

「略歴」
阿南一中から池田高校へ。2年生だった1982年の夏、外野手として甲子園に出場して優勝。翌1983年春にはエースとなり、横浜高を破って史上4校目の夏春連覇を果たした。夏は準決勝で桑田、清原のいたPL学園に敗れたが、清原から4三振を奪った。その風ぼう、親しみやすいキャラクターから阿波の金太郎の愛称で親しまれた。その年のドラフト会議で巨人に1位指名されて入団。1986年5月25日の中日戦(ナゴヤ球場)でプロ入り初勝利。1987年には10勝を挙げて、中心投手の仲間入りをした。1990年にはリリーフに転向。1985年に肩、1992年にひじの手術を受けるなど常に故障と戦いながらも、フォークを武器に、抜群の度胸と投球術で活躍。通算265試合に登板し、39勝29敗17セーブをマークした。1996年10月6日の中日戦、7回1死満塁でパウエルを遊ゴロ併殺に打ち取ってピンチをしのぎ巨人はメイクミラクルを完成させて優勝したが、その年限りで13年間に渡るユニホーム生活に別れを告げた。その後、フジテレビ「プロ野球ニュース」の解説者、スポーツ報知の評論家として活躍。 1997年オフにはメジャーにも挑戦した。1999年からは古巣・巨人に投手コーチとして復帰。2000年の日本一に貢献した。3年間のコーチ生活の後、2001年暮れからは日本テレビ解説者、スポーツ報知の評論家として、卓越した投球理論と、さわやかな語り口、明るいキャラクターで人気になっている。現在、引き続きテレビ、ラジオ、新聞などの各種メディアに出演しているほか、広告出演、講演会、野球教室のコーチと精力的に活動を続けている。
 


水野雄仁のプロフィールと写真データをダウンロードすることができます。イベント開催主の方などへ事前資料としてご覧いただければと思います。プロフィールはPDF形式になっております。
プロフィールダウンロード
写真データダウンロード
写真データを使用するには解凍用のパスワードが必要です。プレゼントページの応募フォームより、事前に申請を行なって下さい。
 
 
 
 
  (C)2018 Office Win CO.,LTD. All rights reserved.